どこまでも続くパッチワークのような畑の景色。十勝平野ののどかな農村を爽快ドライブ

地域:
イメージ画像

青い空に澄んだ空気、緑豊かな畑、一直線に続く道路…… そんな解放感ある景色が広がる十勝地域。 ここは、日本最北部の北海道に位置し、日本の畑面積の約12%を占めるほど畑作が盛んなエリア。 約3,600㎢という広大な十勝地域は、自然が好き、ドライブが好きという方ならきっと心踊る体験ができますよ!

詳細はこちら

スリル満点の「かずら橋」で、にし阿波地域の自然と歴史に触れる

地域:
イメージ画像

見るからに怖い吊り橋。 一歩足を踏み出すたびギシギシと音がなり……足がすくんで冷や汗がでる!? そんなスリル満点の体験ができる「かずら橋」があるのは、徳島県にし阿波地域。 「かずら」と呼ばれるつる植物類を編んで作られており、圧倒的な見た目のインパクトだけでなく、この地域に伝わる歴史と深く結びついていて、知れば知るほど好奇心が刺激される橋です。

詳細はこちら

日本有数の美しい清流、馬瀬川が育んだ最上級の鮎料理

地域:
イメージ画像

和食メニューの中でも人気の高い「鮎」。 ぜひ味わっていただきたいとっても美味しい魚ですが、実はどこでも食べられるわけではないそうです。 天然の鮎は、綺麗な川でしか育たない貴重な魚なのです。 そこで今回は、鮎をはじめとする豊かな食文化を体験できる、大自然にかこまれた「下呂市馬瀬地域」を紹介します。

詳細はこちら

十勝地域の旬の野菜を収穫して、畑でいただく!ガイド付き農場ピクニック体験

地域:
イメージ画像

「いただきます!」 日本では、この挨拶を食事の前にしてから、料理を食べはじめます。 今回「いただきます」と挨拶するのは、なんと畑の中! 自分で野菜を収穫して、その場で新鮮なまま食べる、十勝地域ならではの農場ピクニック体験をご紹介します。

詳細はこちら

高低差400mにも及ぶ山村景観は「桃源郷」のような別世界

地域:
イメージ画像

「桃源郷」という言葉をご存じですか? 世俗を離れた理想郷(ユートピア)という意味で、中国の伝奇小説「桃花源記」に描かれている桃林に囲まれた平和で豊かな場所のことです。 ここ日本にも、そんなエリアがもしあるとしたら…… 日本列島を構成する島の1つ、四国の山奥「にし阿波地域」がそのような場所に当たるかもしれません。 そこで今回は、高低差400mにも及ぶ独特の山村景観を堪能できる別世界へとご案内します。

詳細はこちら

モール温泉を利用して作る「ラクレットチーズ」を、十勝産の食材にかけて食べる贅沢体験!

地域:
イメージ画像

日本の最北端に位置する北海道には、世界でも珍しい”温泉”を使って作るチーズがあります。 その名も「十勝ラクレットチーズ モールウォッシュ」。 日本有数の畑作地帯で育った新鮮なジャガイモや野菜などに、トロットロに溶けた熱々のチーズをサッと削ってかければ……とっても美味しく贅沢なグルメ体験に! 今回は、日本の十勝地方を訪れたら、ぜひ味わってほしいラクレットチーズをご紹介します。

詳細はこちら

「にし阿波・桃源郷」~千年のかくれんぼ~分け入るごとに時は遡り

地域:
イメージ画像

千年以上にもわたり「伝統農業・農文化」が受け継がれ、平家落人伝説等の歴史が残る四国・にし阿波。 先祖伝来の品種である「雑穀・そば・いも」を中心とした伝統的食文化は、今も「そらの人」と呼ばれる人々の暮らしの中に息づいています。 急峻な山肌に扇のように広がるこの山里は、まさに「桃源郷」と呼ぶに相応しい美しさです。

詳細はこちら

日本一美味しい村・美しい村づくり

地域:
イメージ画像

「美味しい」と高く評価される馬瀬川の鮎。 その理由は、地域住民が鮎の美味しさを守っていることにあります。 1940年代から長年にわたり組織的に鮎の放流や管理を行うとともに、川の清掃活動や周囲の森林を「魚付保全林」に指定するなどのボランティアを精力的に行っています。鮎の味を守るために、努力を惜しまない住民がこの地にはいます。

詳細はこちら

ユネスコ食文化創造都市で体感する食と風土

地域:
イメージ画像

山や平野、川、海に抱かれた四季の恵み豊かな鶴岡市。 だだちゃ豆や温海かぶ等をはじめとする在来作物が50種類も存在し、「生きた文化財」として優れた種を受け継いでいます。また、この地では、出羽三山の修験道や黒川能等の精神文化と密接に関わる独自の食文化や家庭の行事食・郷土食が今なお連綿と受け継がれています。

詳細はこちら

日本のもち食文化と黄金の國の原風景

地域:
イメージ画像

今から約400年前の藩政時代に、当時の伊達藩が平安息災を祈って毎月もちを神仏に供える習わしを推奨したことに由来する「もち食文化」。 その後、「ハレの食」として、冠婚葬祭をはじめ、正月など、人生の節目や季節の節目等にもちをついて食べる習わしが今なお息づいています。 一関・平泉は、伝統的なもち食儀礼が体験できる日本でも希少な場所です。

詳細はこちら

農のフロンティア十勝にて食・景観を満喫!

地域:
イメージ画像

道内一の畑作地域(約3,600㎢)を有する十勝は、西に日高山脈、北に大雪山系の2,000m級の山々に囲まれる広大な平野からなり、雄大な北海道ならでの開放感を堪能できます。国内トップクラスの日照時間と、火山灰質の柔らかで養分豊かな土壌で育った農畜産物も大きな魅力です。 国産ナチュラルチーズの大半を生産している十勝では、高い脂質の生乳で作られる濃厚なチーズが訪れる人を楽しませてくれます。

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-