ユネスコ食文化創造都市で体感する食と風土

地域:
イメージ画像

山や平野、川、海に抱かれた四季の恵み豊かな鶴岡市。 だだちゃ豆や温海かぶ等をはじめとする在来作物が50種類も存在し、「生きた文化財」として優れた種を受け継いでいます。また、この地では、出羽三山の修験道や黒川能等の精神文化と密接に関わる独自の食文化や家庭の行事食・郷土食が今なお連綿と受け継がれています。

詳細はこちら

日本のもち食文化と黄金の國の原風景

地域:
イメージ画像

今から約400年前の藩政時代に、当時の伊達藩が平安息災を祈って毎月もちを神仏に供える習わしを推奨したことに由来する「もち食文化」。 その後、「ハレの食」として、冠婚葬祭をはじめ、正月など、人生の節目や季節の節目等にもちをついて食べる習わしが今なお息づいています。 一関・平泉は、伝統的なもち食儀礼が体験できる日本でも希少な場所です。

詳細はこちら

農のフロンティア十勝にて食・景観を満喫!

地域:
イメージ画像

道内一の畑作地域(約3,600㎢)を有する十勝は、西に日高山脈、北に大雪山系の2,000m級の山々に囲まれる広大な平野からなり、雄大な北海道ならでの開放感を堪能できます。国内トップクラスの日照時間と、火山灰質の柔らかで養分豊かな土壌で育った農畜産物も大きな魅力です。 国産ナチュラルチーズの大半を生産している十勝では、高い脂質の生乳で作られる濃厚なチーズが訪れる人を楽しませてくれます。

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-