とろけるほど風味豊か。十勝産ラクレットチーズを味わう贅沢

地域:十勝 / 北海道
イメージ画像

トロットロに溶けた熱々のチーズを、十勝育ちのジャガイモにサッとかける……。 チーズが固まるまでの数秒がラクレットチーズの本当の食べごろ。口に運べば、ちょうどいい塩味と、ジャガイモの甘さが口の中で絡み合い、至福のひと時へ。そんな贅沢なチーズ体験ができるのは、日本の最北端に位置する北海道の十勝。 制作工程に温泉を使った、世界でも珍しいチーズが生まれたこの土地で、是非味わっていただきたい「十勝ラクレットチーズ モールウォッシュ」をご紹介します。

New

詳細はこちら

農のフロンティア十勝にて食・景観を満喫!

地域:十勝 / 北海道
イメージ画像

道内一の畑作地域(約3,600㎢)を有する十勝は、西に日高山脈、北に大雪山系の2,000m級の山々に囲まれる広大な平野からなり、雄大な北海道ならでの開放感を堪能できます。国内トップクラスの日照時間と、火山灰質の柔らかで養分豊かな土壌で育った農畜産物も大きな魅力です。国産ナチュラルチーズの大半を生産している十勝では、高い脂質の生乳で作られる濃厚なチーズが訪れる人を楽しませてくれます。

New

詳細はこちら

日本のもち食文化と
黄金の國の原風景

地域:一関・平泉 / 岩手
イメージ画像

今から約400年前の藩政時代に、当時の伊達藩が平安息災を祈って毎月もちを神仏に供える習わしを推奨したことに由来する「もち食文化」。 その後、「ハレの食」として、冠婚葬祭をはじめ、正月など、人生の節目や季節の節目等にもちをついて食べる習わしが今なお息づいています。 一関・平泉は、伝統的なもち食儀礼が体験できる日本でも希少な場所です。

New

詳細はこちら

ユネスコ食文化創造都市で
体感する食と風土

地域:鶴岡 / 山形
イメージ画像

山や平野、川、海に抱かれた四季の恵み豊かな鶴岡市。 だだちゃ豆や温海かぶ等をはじめとする在来作物が50種類も存在し、「生きた文化財」として優れた種を受け継いでいます。また、この地では、出羽三山の修験道や黒川能等の精神文化と密接に関わる独自の食文化や家庭の行事食・郷土食が今なお連綿と受け継がれています。

New

詳細はこちら

日本一美味しい村・
美しい村づくり

地域:下呂市馬瀬 / 岐阜
イメージ画像

「美味しい」と高く評価される馬瀬川の鮎。 その理由は、地域住民が鮎の美味しさを守っていることにあります。 1940年代から長年にわたり組織的に鮎の放流や管理を行うとともに、川の清掃活動や周囲の森林を「魚付保全林」に指定するなどのボランティアを精力的に行っています。鮎の味を守るために、努力を惜しまない住民がこの地にはいます。

New

詳細はこちら

「にし阿波・桃源郷」~千年のかくれんぼ~
分け入るごとに時は遡り

地域:にし阿波地域 / 徳島
イメージ画像

千年以上にもわたり「伝統農業・農文化」が受け継がれ、平家落人伝説等の歴史が残る四国・にし阿波。 先祖伝来の品種である「雑穀・そば・いも」を中心とした伝統的食文化は、今も「そらの人」と呼ばれる人々の暮らしの中に息づいています。 急峻な山肌に扇のように広がるこの山里は、まさに「桃源郷」と呼ぶに相応しい美しさです。

New

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-