日本のもち食文化と黄金の國の原風景

地域:一関・平泉 / 岩手
イメージ画像

今から約400年前の藩政時代に、当時の伊達藩が平安息災を祈って毎月もちを神仏に供える習わしを推奨したことに由来する「もち食文化」。その後、「ハレの食」として、冠婚葬祭をはじめ、正月など、人生の節目や季節の節目等にもちをついて食べる習わしが今なお息づいています。 一関・平泉は、伝統的なもち食儀礼が体験できる日本でも希少な場所です。

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-