秋田の伝統料理「きりたんぽ」の誕生ストーリーと農家のお母さんのおもてなしに触れる!

地域:
イメージ画像

全国有数の米の生産地「秋田」の伝統料理「きりたんぽ」。その昔、狩りを生業とした「マタギ」が山ごもりした際に潰したお米と山鳥を鍋で煮込んで食べたことが起源ともいわれています。一家団欒の食事やおもてなし料理として代々受け継がれてきた歴史があり、各家の「おふくろの味」としてもこの地域に根付いています。

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-