江戸時代から縁起物として伝わる一関市・平泉町の「もち」を味わう旅

地域:
イメージ画像

もち。 それは、日本に古来から伝わり、もち米を蒸して臼で粘り気が出るまでついて作る、日本人にとっては一般的な食べ物です。 そんなもちと、地域の伝統が密接な関係を築いてきたエリアがあります。 東北の一関市・平泉町。 この地に行くならぜひ味わっていただきたい、おもち料理ともちの魅力をご紹介します。

詳細はこちら

世界が認める鶴岡の食文化。在来作物を生かした料理に舌鼓

地域:
イメージ画像

2014年12月、日本で唯一の「ユネスコ食文化創造都市」として認定を受けた山形県鶴岡市。 日本有数の穀倉地帯という特長に加え、日本海に面していることから、海の幸も豊富。世界の食通たちの舌を魅了し続けているエリアです。 ここで採れる豊かな食材は、郷土料理やイタリアンなどで楽しむことができ、魅力もさまざま。世界に注目される食の理想郷「鶴岡」をご紹介します。

詳細はこちら

山奥の傾斜畑が生んだ郷土食「そば米雑炊」を味わい、日本の歴史を想う

地域:
イメージ画像

はじめて訪れた方なら、思わず「 Wow!」と叫んでしまいそうになる!? 緑豊かな山々が織り成す壮大な景色がとても素晴らしく 山間の急峻な斜面にひっそりとたたずむ民家や畑がある景観は 日本の中でも「秘境」と呼ぶにふさわしいワイルドな場所。 今回は、徳島県「にし阿波地域」を舞台に、山深いこの地に古くから伝わる独特の郷土料理「そば米雑炊」をご紹介します。 日本の歴史を語る上で重要な出来事も、この料理が生まれた背景にあるそうですよ。

詳細はこちら

日本有数の美しい清流、馬瀬川が育んだ最上級の鮎料理

地域:
イメージ画像

和食メニューの中でも人気の高い「鮎」。 ぜひ味わっていただきたいとっても美味しい魚ですが、実はどこでも食べられるわけではないそうです。 天然の鮎は、綺麗な川でしか育たない貴重な魚なのです。 そこで今回は、鮎をはじめとする豊かな食文化を体験できる、大自然にかこまれた「下呂市馬瀬地域」を紹介します。

詳細はこちら

モール温泉を利用して作る「ラクレットチーズ」を、十勝産の食材にかけて食べる贅沢体験!

地域:
イメージ画像

日本の最北端に位置する北海道には、世界でも珍しい”温泉”を使って作るチーズがあります。 その名も「十勝ラクレットチーズ モールウォッシュ」。 日本有数の畑作地帯で育った新鮮なジャガイモや野菜などに、トロットロに溶けた熱々のチーズをサッと削ってかければ……とっても美味しく贅沢なグルメ体験に! 今回は、日本の十勝地方を訪れたら、ぜひ味わってほしいラクレットチーズをご紹介します。

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-