1400年続く食と信仰の文化。静寂に包まれた斎館でいただく「精進料理」

地域:
イメージ画像

「Beautiful.....」 お座敷に運ばれてきた美しい料理の数々に、思わずため息をつく。 静寂に包まれた御神域でいただく精進料理は、1400年続く山伏修行の文化を象徴するものの1つ。この地で山伏が生きてきた悠久の物語を現代に伝えてくれます。 今回は、羽黒山(はぐろさん)山頂にある羽黒山参籠所「斎館」で提供されている、伝統的な精進料理をご紹介します。

詳細はこちら

太古から育んできたモールの湯「十勝川温泉」を堪能する、癒しの旅へ

地域:
イメージ画像

日々の生活を離れ、しばしリフレッシュする時を楽しむ…… それも旅の醍醐味の1つですよね。 日本国内の旅行の目的地として人気の北海道。 大自然の絶景や、地元の食材を使ったグルメなど、北海道観光のおすすめはたくさんありますが、中でも心身ともにリフレッシュできるスポット「温泉」を忘れてはいけません。 今回は、北海道の十勝地域で長い時間をかけて育まれてきたモールの湯”十勝川温泉”をご紹介します。

詳細はこちら

「中尊寺」を歩き、世界遺産「平泉」の繁栄を肌で感じる

地域:
イメージ画像

平泉町にある中尊寺。 樹齢300年以上の老杉が立ち並ぶ表参道を抜けて、凛とした空気が漂う本堂(ほんどう)、そして金色堂(こんじきどう)へ……。 悠久の歴史を感じる建造物や自然が織りなす優雅な風景が、訪れる人の心を揺さぶる東北随一の観光スポットです。 今回は、2011年に世界遺産に登録された「平泉の文化遺産」の1つである中尊寺を実際に歩きながら、その魅力を紹介します。

詳細はこちら

スリル満点の「かずら橋」で、にし阿波地域の自然と歴史に触れる

地域:
イメージ画像

見るからに怖い吊り橋。 一歩足を踏み出すたびギシギシと音がなり……足がすくんで冷や汗がでる!? そんなスリル満点の体験ができる「かずら橋」があるのは、徳島県にし阿波地域。 「かずら」と呼ばれるつる植物類を編んで作られており、圧倒的な見た目のインパクトだけでなく、この地域に伝わる歴史と深く結びついていて、知れば知るほど好奇心が刺激される橋です。

詳細はこちら

夏の夜の風物詩、馬瀬地域の伝統漁法「火ぶり漁」

地域:
イメージ画像

8月下旬から9月上旬にかけてのわずかな期間、下呂市馬瀬地域を流れる清流「馬瀬川」で行われている伝統漁法があります。 夏の長い日が暮れ、辺りが暗くなると、松明(たいまつ)やかがり火、音を使い、静かに休んでいる鮎を驚かせ、逃げてきたところを網で捕まえる…… その名も「火ぶり漁」です。 昔から馬瀬地域の風物詩だったこの漁法は、時代の流れとともに一時なくなりましたが、幻想的な雰囲気を再現しようと、2012年に地元の皆さんの手で復活したそうです。

詳細はこちら

PICK UP-Instagram-