イメージ画像

神聖な雰囲気が漂う羽黒山、国宝「五重塔」

地域:

樹齢350年を超える杉並木の間を一歩一歩進むと、その先に見えてくるのは…… 羽黒山参道“一の坂”上り口にある国宝「五重塔」。 この塔がある羽黒山エリア一帯は荘厳な雰囲気に包まれており、まるで別の世界に迷い込んだような体験ができる場所です。 今回は、約600年前に再建されたものといわれる「五重塔」と、神聖な山「羽黒山」の絶景をご紹介します。

随神門をくぐると、そこは神聖な領域

東北地方の山形県に位置する羽黒山。 古くから山岳修験の山として知られており、月山、湯殿山、羽黒山の3つの山で出羽三山と呼ばれています。 今回は、羽黒山参詣道の入口に建つ、赤い山門「随神門(ずいしんもん)」からスタートし、お目当の「五重塔」を目指します。

イメージ画像

随神門は出羽三山の表玄関にあたります。 人の世界と、ご神域である山を分かつ場所を意味する門をくぐって、いよいよ羽黒山へ…… まず石の階段を降りていくと、そこはもう別世界のような雰囲気でした。

イメージ画像

青々とした苔、背の高い杉林。静寂の中、滝の流れる音が聞こえてきます。

イメージ画像

祓川(はらいがわ)にかかる鮮やかな朱塗りの橋を渡り終えると「須賀の滝」があります。 急勾配の崖から降り注ぐ滝の美しさには思わず足が止まります。 昔、出羽三山詣する修行僧は、ここで必ず冷水を浴びる水垢離(みずごり)をして身を清めたそうですよ。

イメージ画像

さらに少し歩くと、他の杉とは全く異なる存在感を放つ巨杉“爺杉”が!

イメージ画像

樹の周囲10m。樹齢1000年以上にもなり、天然記念物に指定されているそうです。 その大きさに、しばし圧倒されてしまいました。 随神門から入って数分しか経っていないのに見所がたくさんあって、「来てよかったなぁ」と思っていたのもつかの間、いよいよ「五重塔」が姿を現します。

美しさと迫力を持ち合わせた「五重塔」の姿

イメージ画像

杉と杉の間から悠然と顔を出す羽黒山「五重塔」。 ミシュラングリーンガイド・ジャポンの3つ星獲得に相応しい美しさと、迫力があります。 現在の塔は600年ほど前に建てられたもので、東北では最古の塔なのだとか。素木造り(しらきづくり)という建て方で、何も塗らず、釘の一本も使っていないというから驚きです。 高さ29m。長い軒は飛び立つ白鳥の翼のように美しく、遠くから写真を撮ったり、塔の下から見上げたりと、時間を忘れて見入ってしまいました。 毎年、夏になると夜間のライトアップが行われ、冬は雪化粧した幻想的な「五重塔」を見ることができますよ。

イメージ画像

羽黒山の頂上へ

五重塔までの道のりにも見所はたくさんありましたが、入り口から約2500段の石段を登った山頂付近には、月山・羽黒山・湯殿山の三神を祀った日本随一の大社殿「三神合祭殿」があります。

イメージ画像

体力に自信のある方はもちろん、そうでない方もゆっくりマイペースで自然散策を楽しみながら、ぜひチャレンジしてみてください。 なお、車やバスで頂上まで行くこともできます。(羽黒山有料自動車道を使用/通行料金 普通車400円・税込 ※五重塔は徒歩で登らないと見ることができません)。

イメージ画像

石段を一段一段登り、たどり着いた「三神合祭殿」のある羽黒山山頂。 その道中はエネルギーに満ちていて、山全体がパワースポットと言っても過言ではありません。 東北地方を旅する際は、神聖な雰囲気が漂う羽黒山一帯の景観を堪能するのはいかがでしょうか?

お問い合わせ先

イメージ画像 イメージ画像
名前鶴岡食文化創造都市推進協議会
TEL0235-25-2111
URL http://www.creative-tsuruoka.jp