イメージ画像

「百姓の持ちたる国」での饗宴御膳と風土の体感

地域:

小松市は、石川県の西南部、加賀平野の中央に位置し、古より加賀地方の中心地として栄え、霊峰白山と日本海に囲まれた自然と文化に恵まれた地域。一世紀にわたり農民が統治したことによって生まれた報恩講料理や町衆文化として普及した茶文化と懐石料理が、小松の食文化として現在まで伝承されています。

イメージ画像

「地域の食」茶懐石

町衆文化として普及した茶文化と懐石料理。連綿と続くモノづくりの血脈により小松の食文化として現在まで伝承されています。緻密で繊細な味わいが特徴であり、九谷焼に添えられることにより、芸術作品として仕上げられています。

イメージ画像

「地域の食」報恩講料理

「百姓の持ちたる国」として、農民が統治したことによって生まれた報恩講料理や、繊細でまろやかなうまみを醸し出す日本酒。細くて軟らかい麺と、魚の節を使った出汁が特徴のご当地グルメ「小松うどん」など、小松市を訪れたらぜひ味わいたい一品が盛りだくさん。

イメージ画像

「景観」日用苔の里

48種類の苔が群生する日本有数の苔の名所「日用苔の里」。美しい杉林に囲まれた苔むす庭園や神社、古民家など美しい里山集落が広がっています。また、開創1300年を迎えた那谷寺では、奇岩遊仙境などの自然が作り出した石の造形美が独特の景観を放ちます。

イメージ画像

「体験」加賀 伝統工芸村

「加賀 伝統工芸村 ゆのくにの森」では、輪島塗体験や九谷焼体験など、50種類以上の伝統工芸体験が。古民家を改修した「TAKIGAHARA HOUSE」では美しい自然に囲まれて農業体験が、併設のカフェでは採れたての旬野菜を使った料理が楽しめます。

イメージ画像

また、町衆文化の代表「曳山子供歌舞伎」の歌舞伎メイク体験をして、歴史ある料亭で茶懐石を堪能。酒蔵の見学や利き酒を体験したり、茶室で茶道体験をしたりと、小松市の魅力的なスポットを巡れば、町衆文化を体感できる旅となるでしょう。

参考リンク
環境王国こまつ

お問い合わせ先

イメージ画像 イメージ画像
名前 一般社団法人こまつ観光物産ネットワーク
URL http://www.komatsuguide.jp

page top