イメージ画像

サムライシティで味わう伝統ごっつぉ

地域:

東北地方の押さえとして、古来より名だたる武将により治められてきた会津地域。四方を山々に囲まれ、猪苗代湖や磐梯山など豊かな自然に恵まれた会津は今でも懐かしい日本の原風景と、城下町が残っています。地域と密接な関わりを持ち、会津の食や会津清酒は四季折々の豊かな自然と共に独自の食文化を育んできました。 ※ごっつぉ:会津地方の方言で、大事なお客様への料理(ごちそう)を指す。

イメージ画像

「地域の食」こづゆ

参勤交代の料理がルーツとされ、現在でも「ハレの日」には欠かせない郷土料理です。出汁にも貝柱等の乾物が使用され、会津の食を知る上で貴重な料理。伝統工芸品である会津漆器で食することで、会津の伝統も味わうことができる一品です。

イメージ画像

田楽

元来、武士たちの野戦料理と伝えられる「田楽」や、木製の容器を使用した「わっぱ飯」、また江戸時代から受け継がれる酒造りなど、山々に囲まれた会津盆地は、良質な「農産物」や「食」に恵まれています。自然の味を生かした風味豊かな食をお楽しみください。

イメージ画像

「景観」鶴ヶ城

磐梯山や飯豊連峰を借景としたのどかな田園風景と、会津武家屋敷などの江戸時代を偲ばせる風景が残る会津若松市。市のシンボルである鶴ヶ城展望層からは会津盆地と城下町を一望でき、季節が移ろう度に様々な自然の姿を見せてくれます。

イメージ画像

「体験」雪下きゃべつの収穫体験

春はアスパラガス、夏はトマト、秋は米と酒、冬は会津地鶏。季節ごとの多彩なメニューが豊富に揃い、郷土料理とあわせて地域がお薦めする旬の料理を味わうことができます。このほか、会津漆器などの伝統工芸体験や、農業体験などの体験も充実しています。

イメージ画像

「周遊ルート」東山温泉郷

サムライシティの象徴・鶴ヶ城や城下町の散策し、会津藩を支えた農風景エリアで果物狩りや直売所めぐりを。農と水辺エリアが広がる猪苗代湖周辺では、雄大な自然に囲まれリフレッシュ。また、市内の温泉地域に宿泊すれば、滞在型の観光を楽しむことができます。

お問い合わせ先

イメージ画像 イメージ画像
名前 会津若松観光ビューロー
URL http://www.aizukanko.com/

page top